グラデ、バレイヤージュのさかいめ問題!

ソプラ秋山です。
お正月ボケが続いてますが元気にやっていきましょう。
今日もまたまたグラデ、バレイヤージュについてです。
グラデも、バレイヤージュもブリーチ後に乗っけるカラーって大事ですよね。
失敗しやすいポイントって黒との境界が茶系になりやすい。
毛先が暗くなりやすい。中間の黄ばみが取れない。
その辺について解説していきたいと思います。
一緒に学びましょう。
おしゃれなグラデって境目からビシっとハイトーンが入ってるんだけど難しいのがハケのテクニックでボカシ入れながらブリーチするとパキッと抜けないですよね。
逆に境目がパキッと抜けるように塗布量多めにしたりするとラインが出ちゃうし。。
やっぱりグラデの境目はボカしながらブリーチしたほうがいいと思います。
そしてリフトしきれないグラデの境目は、セカンドカラーでグラデーションをつけていくといいと思います。
境目は濃く、毛先は薄く。
注意しなきゃいけないのは境目だけじゃなくて中間も。
中間意外と茶系残りやすいですから。
やったことがある人はエアタッチやバックコームでパキッとブリーチしてもラインが出ないグラデはできると思うので。それでもオッケーと思います!
ではまた!